鹿児島県中小企業団体中央会は、中小企業が1社では実現できない様々な課題について、連携組織を活用した経営革新・合理化を提案します。

20181207

12月7日 組織化・創業セミナー 開催

 ① 組合制度を「知ろう!」「活用しよう!!」
    ~外国人技能実習制度の概要と今後の展望~

 ② 組合制度および組合設立手順の説明

 中小企業は、大企業と比べて規模が小さいため、経営上の様々な制約を受けている場合が少なくありません。
 中小企業が、個々の企業努力だけでは解決困難な課題を乗り越え、さらなる発展を遂げるには、同じような立場にある中小企業者が組合を結成し、不足する経営資源を相互補完して充実・強化することが効果的といえます。
 そのため、中小企業者などが集まって組織化することで、経営の効率化・合理化や経済的地位の向上を図ることを目的に組合制度が設けられています。
 本セミナーでは、関心の高まっている「外国人技能実習制度」に焦点をあて、現行の制度の概要や今後の展望等について説明を行います。
 現在、設立をお考えの中小企業者、取り組みを検討している組合など、多数のご参加をお待ちしております。

  日 時 平成30年12月7日(金)14時00分~16時00分
  場 所 ホテル・レクストン鹿児島 2階 「フリージア」(鹿児島市山之口町4-20)
  テーマ 1.組合制度を「知ろう!」「活用しよう!!」
        ~外国人技能実習制度の概要と今後の展望~
         全国中小企業団体中央会
         事務局次長・労働政策部長 佐久間一浩 氏

      2.組合制度および組合設立手順の説明
         鹿児島県中小企業団体中央会

   

平成30年度組織化・創業セミナー


■お問い合わせは
 鹿児島県中小企業団体中央会
 組織振興課 まで
  〒892-0821 鹿児島市名山町9番1号
  TEL 099-222-9258 FAX 099-225-2904

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional