鹿児島県中小企業団体中央会は、中小企業が1社では実現できない様々な課題について、連携組織を活用した経営革新・合理化を提案します。

鹿児島県中小企業団体中央会青年部会について

鹿児島県中小企業団体中央会青年部会

画像の説明

鹿児島県中小企業団体中央会青年部会は,昭和50年7月,組合組織の活性化と次代を担う青年経営者の育成を目的とする鹿児島県中小企業団体中央会の機関として発足いたしました。
 以来,後継者育成のための講習会・研修会等各種事業について積極的に活動しています。

青年部会の概要

  • 名称
    • 鹿児島県中小企業団体中央会青年部会
  • 事務局
    • 鹿児島県中小企業団体中央会内(〒892-0821 鹿児島市名山町9番1号)
  • 連絡先
    • 電話:099-222-9258 FAX:099-225-2904
  • 設立
    • 昭和50年7月23日
  • 会員資格
    • 正会員
      • 本部会の目的に賛同する中央会会員(以下組合と称する)の者で構成する組合青年部
      • 中央会青年部会長が認めた前項に該当しない団体青年部
    • 特別会員
      • 本部会の目的に賛同する中央会会員組合の組合員後継者
    • 名誉会員
      • 中央会青年部会長を経験した者

これまでの主な活動状況

  • 昭和57年に鹿児島市で第1回全国中小企業団体中央会青年部会議を開催
  • 昭和52年から昭和62年にかけて,会員相互の親睦を目的に「ソフトボール大会」を開催
  • 昭和63年度からは「ボウリング大会」,「ゴルフ大会」を開催
  • 平成6年度からは「ボランティア事業」として特別支援学校や児童養護施設へ学用品を寄贈
  • 平成13年度から「チャリティボウリング大会」に変更
  • 平成15年度からは会員企業のビジネス拡大を目的とした「かごんまわっぜかフェスタ」を開催。
  • 平成18年度から「チャリティゴルフ大会」に変更。
  • 平成21年度から「ソフトボール大会」再開。

事業の概要

青年部講習会

画像の説明

青年部組織の活性化や後継者育成等を目的に,今後の企業経営のあり方や人材育成等共通したテーマを設定し,それに応じた専門家を講師に講習会を開催。

青年部研究会

画像の説明

青年部組織の活性化や後継者育成等を目的に,各業界が抱える課題を抽出し,深く研究会を行うことにより,課題解決並びに将来のビジョン策定を行う。

かごんまわっぜかフェスタ

画像の説明

会員企業が取り扱っている製品・商品・技術・サービス等を持ち寄り,広く一般に向けてプレゼンテーションを行うことにより,ビジネスチャンスの拡大を図る。

ボランティア事業

画像の説明

障害を持つ児童,生徒らの日常の勉学等に役立ててもらうために,チャリティ募金とボウリング大会等の収益金から,教材や学用品を贈呈。

ボウリング大会

画像の説明

会員相互の交流と親睦・健康増進を図るため,ボウリング大会を開催。その収益金をボランティア事業に活用する。

ソフトボール大会

画像の説明

会員相互の交流と親睦・健康増進を図るため,ソフトボール大会を開催。

ゴルフ大会

会員相互の交流と親睦・健康増進を図るため,ゴルフ大会を開催。そのチャリティ募金をボランティア事業に活用する。

会議の開催・大会への参加等

  • 総会,正副会長会議,理事会の開催
  • わっぜかフェスタ実行委員会の開催
  • 鹿児島県中小企業団体中央会の事業に関する参加・協力
  • 全国中小企業青年中央会の開催する行事への参加
  • 九州ブロック中小企業青年中央会が開催する行事への参加
  • 他団体が開催する行事への参加

組織図

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional